こころ: 「ありがとう」の日記

2011年07月17日

こころ

イメージが熾きたと時、「ありがとう」と、話します。。。

なぜかというと
今の自分まで繋がっているのが見えるからです。

感情の揺らぎ、、、、、
不安定感さえも。。。。。
それも 貴重な学びとして 今は考えます。

そして思いがけず、
他の人の心の繊細さや優しさを、
気づかさせて戴くことも嬉しい事です。

また、
たとえば 巨大な絵画が目の前にあってその前に立ったとき

絵画が自分のテーマについて話し始めたとしたら。。。。。

あらゆるものが
人 も 物 も 生物 も 無生物 も
縁 によって 生々流転していること
力動的なダイナミズムの中で揺らいでいること
何かを 発信して存在していること 

など、など。。。を、

そしてさらに続けて、
『きみの絵も、胸の中から出して見なさい・・・・ほら 語って!』


非日常の未分化な意識から、徐々に。。
意識が震えだした時、

気づきも 静かに活動を始めていました。

色々な学びも 実は
一つ一つが 目的だったのかしら?

もう、あの大震災の日から4ヶ月経ちました。。。。。


posted by seika at 03:50| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。