港まつり: 「ありがとう」の日記

2011年08月10日

港まつり

女川のみなとまつり「 獅子舞い 」は、

港町の活気が直に伝わってきます。。。

人々の元気な姿は、とても壮快です!

生きる ことの パワ〜は 心身 自他 共に、協同ですね。


いま、 
蝉が鳴いています。。。
蝉時雨・・・

夕暮れ時

蝉の鳴く声・・・

幽玄な静けさ

周囲に流れ込む
淡い闇の訪れ・・・・・
  
『 抑うつ の時 』が、  
訪れてくれた・・・
・・・・・

ためいき が 出る
また
溜息  が でる。。。
あぁ、
ため息。。。
・・・
愾〜

おかしい・・・?
何か  おかしい ?

涙の中に浮かんだ「目」では、
よく見る事ができない・・・ 

どうしたのかしら?
私じゃないみたい!!!

空しい!
虚しい!

いつの間にか、

胸のあたりに  砂漠のような 荒野が 
広がっているのが見えた・・・

!! この光景は !
被災地で通った道、ーーーーーーーーーーーー !?

トラウマ?・・・ 
心象風景・・・

重い、重い、・・・
重いこころ

私の上と、中に、抑うつが、・・・

。 。 。 。 。


posted by seika at 04:04| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。