秋山豊寛: 「ありがとう」の日記

2012年06月22日

秋山豊寛

日本初宇宙飛行士、秋山豊寛さんは6月22日のお誕生日です。

ソ連のバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-11搭乗した秋山豊寛さんは、

初めて宇宙へ行った日本人宇宙飛行士となり、

同時に世界で初めて宇宙に行ったジャーナリストでもありました。

TBS宇宙プロジェクト『日本人初!宇宙へ』と題し、テレビ・ラジオ双方で連日放送されたそうです。

生中継で東京のスタジオからの呼びかけに対して、「これ、本番ですか?」の第一声だったそうです。

宇宙実験では、日本から持ち込んだカエルを無重力環境に置くとどうなるか、

扇子で扇いで移動できるかなどといったことや、

自らが被験者となり睡眠実験などの試みもなされたそうです。

宇宙から見た北海道を「おいしそうな昆布にみえます」とも言ったそうですよー。

帰還した時、マイクを向けられた秋山さんは「お酒が飲みたい。タバコが吸いたい」と言ったそうです。

また、後で退社されたのですが、その理由の1つに挙げているのが、

「宇宙に行ったことで、お金や権力や名声などといったものがあまりにもちっぽけで

そういったものに興味がわかなくなった」と、言うお気持ちにもなったそうです。 




posted by seika at 23:14| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。